AIスコアレンディングという人工知能が借入審査に導入され活躍中です。

安心できる人工知能の借入審査!AIスコアレンディングで診断しよう

AIスコアレンディングとは?

 

人工知能を利用したAIスコアレンディング

AIスコアレンディングは2017年9月にリリースした、ジェイスコアによる自動審査による貸付サービスです。

 

ジェイスコアはみずほ銀行hソフトバンクが50%ずつ出資して立ち上げた消費者金融です。サービス名称にある通り、AI(人工知能)を使った自動レンディング審査が特徴です。

 

 

人の手による審査ではなく人工知能を活用することで審査センターの人件費削減と貸し倒れ率を低下した精度の高い審査を実現し、従来の消費者金融や銀行系カードローンよりも低金利での貸付を可能にしました。

 

さらに、新規借入時は条件の下がる既存の貸付サービスの問題点をレンディングスコアの公開によって解決して、クリーンでオープンな運営を行っています。

 

 

 

審査内容

 

AI がスコア判断をしている様子

AIスコアレンディングでは、年収、勤務先、年齢など通常の借入審査に必要な情報のほか、趣味やSNS、ネットショッピングの履歴情報などをリンクさせて幅広い項目で審査して1,000点満点で採点しています。

 

勤務先情報など必須項目と、趣味やSNS連動などの任意項目があり、情報を埋めるほど高スコアが出やすい仕組みで、融資可能基準は600点以上。

 

さらに点数に応じて最高金利を引き下げるなど貸付条件を明確にしています。

 

同じ利用者でも、任意項目に回答状況によってスコアが変わるのが特徴で、審査不可の回答が出ても点数でどのくらい足りないのか知ることができます。

 

従来の審査よりも幅広い審査項目を人工知能で瞬時にスコアに変えることで、平等な貸付を行っています。

 

 

総量規制の影響は変わらない

 

ただし、あくまでも消費者金融なので総量規制の影響で年収の3分の1を超える借入はできず、信用情報機関の情報に問題があったり、無職など収入がない場合はスコアに関係なく一切の借入ができません。

 

最大のメリットは新規借入でもスコアに応じた条件で借入できることです。

 

 

従来の消費者金融は初回は少ない限度額と最大金利が適用されることが多く、利用実績に応じて条件が優遇されていく仕組みでした。

 

AIスコアレンディングは新規借入で条件が不利になる問題点を解決した新しい資金調達方法として注目されています。

 

スコア診断だけ受けることも完全無料でできます。スコア診断をしておけば限度額や金利を把握できるのでお金に困ったときにスピーディーな資金調達が可能になります。

 

最終的には人の手による本審査が行われますが、内容は在籍確認など仮審査の申込内容に誤りがないか確認する作業が中心です。

 

 

 

アメリカでは、個人間同士の貸し借りをするP2Pレンディングが流行

 

従来のキャッシングサービスは、信用情報機関の照会や勤続年数、年収による簡単なスコア審査を行いつつも、最終的には審査センターの裁量による影響が大きかったです。

 

貸し倒れリスクを少なくするために、金融機関は優秀な人材を揃えて自社の貸し倒れデータを分析するなど、コストをかけることで精度の高い新規貸付審査を行っていました。

 

AIスコアレンディングは人の手による審査を人工知能にしたことで精度を高めて運営コストを減らしたキャッシングサービスです。

 

 

AI が算出したデータ

 

海外ではさらに一歩進んだP2Pレンディングが普及しています。

 

通常は第三者にお金を貸すのは信頼の面で不安があるものですが、P2Pレンディングでは金融機関の審査と同等以上の人工知能による自動審査を利用してスコア採点を受けて、信用度を明確にした上で個人間の貸し借りをするサービスです。

 

金融機関と同じ審査システムを個人でも利用できるのであれば、お金を貸してもいいと考える人が現れるのは必然的なことで、運営コストのない分、低金利での貸付が可能になります。

 

 

日本では法律の影響でP2Pレンディングを現状できていませんが、人工知能の普及やフィンテックと呼ばれる新しいサービスが普及すれば法律の見直しが行われるかもしれません。

 

人工知能によって近い将来、金融機関で審査する仕事がなくなると言われていますが、こうした最新サービスの普及と進化によって資金調達の形もこれからどんどん変わっていく可能性があります。