借金履歴をクレヒスに残さずに資金調達をするポイントを解説します。

履歴を残さずクレヒスを守りながら借金をするメリットと注意点

クレヒスにキズは付く?

 

クレジットカードの履歴は残る?

 

カードのショッピング枠は、日常的に利用するもので分割払いを含めて借金ではありません。クレジットカードを利用しても幅広い金融機関が閲覧できる信用情報機関に履歴は残りません。

 

ただし、決済したお金を約定日に支払いができなくなると、クレヒスにもキズが付いてしまいます。

 

なお、1回払いなど少ない支払い回数をしていた場合は事前連絡することで分割払いやリボ払いに変更することができます。将来の借入を不利にしないためにも、何も連絡や対処をせず期限になってもカード代金の支払いを行わない行為は絶対にやってはいけません。

 

 

また、キャッシング枠は持っているだけでクレヒスおよび信用情報機関に載って情報を共有できます。

 

こちらも返済遅延などの事故を起こさなければ、借入や返済の細かい履歴は残りません。クレジットカードを持っている方はキャッシング枠から優先的に資金調達してください。

 

 

もし支払いが遅延してしまったり、強制的にペナルティを食らってしまったらどうなるのか。また、法的に現金化はどのような対処をされるのかなど、カードの現金化に対して不安がある人はチェックして対処法などを理解しましょう。

 

 

 

 

借金した履歴を残したくない人からの利用

 

借金がバレて苦しむ男性

 

銀行などの信用情報機関を閲覧する側で勤務している人や、借金の対応にシビアな公務員、同僚からの噂を嫌がるOKなどは借金した履歴を残したくない理由で、あえてカードをお金に変えている人がたくさんいます。

 

キャッシングで利息を払った方がコスト的に安いのですが、キャッシングは借入審査の在籍確認や信用情報機関の履歴で周囲にバレてしまう恐れがあります。

 

 

労働基準法上、借金を理由に評価を下げることはできませんが、あくまでも建前で上司など評価をする人から見ると、借金をしていることに対して良い印象は持ちません。

 

ましてや住宅ローンやオートローンではなく使途自由のフリーキャッシングであれば尚更です。
なかには、やむを得ない理由で借金していても、お酒や女、ギャンブルにハマったりトラブルを起こしていると、変な噂を広められてしまうことがあります。

 

 

新規で借入審査をするときにも有利

 

パソコンとクレジットカード

借入審査では他社からの借入状況を重視されます。

 

審査に通るのであれば、借金した方がお得ですが、数万円から数十万円程度のフリーキャッシングをすることによって、将来車やマイホームを買うときの審査が不利になってしまうことがあります。

 

借金する人の大半は家族に内緒でしているものです。正社員で勤続年数が長くて年収に見合う借入審査を受けた結果、落とされてしまうと家族にも他の借金があることをバレてしまう恐れがあります。

 

昨今は、AIスコアレンディングや大手消費者金融でWeb完結契約できる商品が増えていますが、家族に内緒で借金するのであれば、クレヒスを残さない意味でも、カードでお金を調達する方法は利用価値があります。

 

AIスコアレンディングについては別の記事で紹介しています。

▶AIスコアレンディングとは

 

 

ちなみにクレヒスでの借金履歴は、借金をしたことがない人よりも、借金をして滞りなく完済した実績がある方が高く評価されます。

 

早期完済や大きな買い物をする前には一括返済できる余裕があれば、クレヒスのことを考えてもキャッシングで資金調達した方が有利です。クレヒスは以下の順番で評価されます。

 

借金して完済した実績がある > 借金した利益がない > 現在借入残高がある